web版アニメ批評ドゥルガ

web版アニメ批評ドゥルガ

アニメに纏わる記事を書いています。定期更新は毎週水曜日。毎週担当者が異なります。

吹奏楽曲を紹介しながら『響け!ユーフォニアム』について語る

きのうドゥルガのサークル員と一緒に『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』を観てきました。 anime-eupho.com 「届けたい」というフレーズはたとえばJポップの歌詞などでよく見られますけれど、『きみの声をとどけたい』などもありましたし…

『ラブライブ!サンシャイン!!』第二期、第一話を見て

ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 1 (特装限定版) アーティスト: ラブライブ! 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2017/12/22 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 『ラブライブ!サンシャイン!!』の二期が放送開始とな…

眼球=視線の導き――長井龍雪『とらドラ!』第一OP

よく言われる事、キャラクターにとってよく口にされることは、このようなものです。 こんな人間いる訳ない。身体は小さくてやたらと頭は大きいし、長すぎる足は栄養失調みたいに細いし、髪の色がピンク、青、緑で、それで優等生や地味な性格なんて成り立つわ…

平面をめくる、めく―石浜真史のOP映像

すこしまえ、『かみちゅ!』を見ていてOP映像の手法になんだか見覚えがあるなと思ったら、コンテ・演出が石浜真史さんでした。 かみちゅ! Blu-ray BOX 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2010/06/02 メディア: Blu-ray 購入: 12人 クリック: 226回 こ…

アニメオリジナル〔日常〕から劇場版〔非日常〕へ 涼宮ハルヒの憂鬱『サムデイ イン ザ レイン』について

その日も寒い一日であったのだろうが、「地球をアイスピックでつついたとしたら、ちょうどいい感じにカチ割れるんじゃないかというくらい冷え切って」いるような印象もなく、明日が来てしまえばどのような日であったかも思い出せないような何気ない一日であ…

「声」を題材にしたアニメ。

声をテーマにしたアニメ作品というと何を思い浮かべるでしょうか。昨年なら京都アニメーションの『聲の形』、一昨年ならA-1 Picturesの『心が叫びたがってるんだ。』が声を扱った代表的な作品だと思います。この二作品はどちらも壁にぶつかりながら声=気持ち…

ネオ・ヴェネツィアの想像力――『ARIA』聖地巡礼

以下批評とあんまり関係ない文章になるので恐縮ですが、ヴェネツィアに行ってまいりました。 ご存知の方も多いと思いますが、ヴェネツィアはさまざまな創作物の舞台ともなっていて、アニメファンには『ARIA』の舞台「ネオ・ヴェネツィア」のモデルとしても知…

何故「ファンタジーなんて描けない」のか――認識と一貫性に関する一考察

「高度に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」というアーサー・C・クラークの有名な文言がある。本人がどのような文脈でこれを述べたかは知らないが、この言葉からは発展に従って人類の手から離れてゆこうとする科学技術に対する戸惑いのようなものを…

死を看取ること『空の境界』

夏って感じですね! 先日夏コミに行ってきました。そこでアニバタという長く続いてる批評同人誌の、新刊は『けものフレンズ』特集でしたが、私は興味のある特集のバックナンバーを買いました。『ドゥルガ』2号も秋の文フリで頒布できるように頑張りたいと思…

主題論的な、あまりに主題論的な『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

(引用元:https://www.fashion-press.net/news/27685) 公式サイト:www.uchiagehanabi.jp 原作:岩井俊二 総監督:新房昭之 監督、絵コンテ、キーレイアウト、美術設定:武内宣之 制作会社:シャフト 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(以…

ボクサーとしての属性 

矢吹丈というボクサーの属性は、「ケンカ」や「野生児」といったような、既成のボクサーのスタイルを異化し、彼が正統から外れた存在であることを表すようなものを付与されています。それは、ジョーがボクシングを始めるに至った経緯や、彼の並外れた才能を…

マイノリティとしての中二病とドリーム・ソルジャー 田中ロミオ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い〜』

※この記事は田中ロミオ著『AURA~魔竜院光牙最後の闘い〜』のネタバレを含みます。 AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫) 作者: 田中ロミオ,mebae 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2008/07/19 メディア: 文庫 購入: 43人 クリック: 1,636回 この商品を…

「明日の入り口」に残されたのは――『けいおん!』をめぐって(5・終)

時間という概念がきわめて重要なプルースト『失われた時を求めて』では頻繁に文章の上にあらわれる細部がいくつもあるのですが、そのなかの代表的なものとして「窓」と「光」があります。窓はある隔たりを保ちながら外界を見るためのものであり、またプルー…

流れていく現在のただなかで――『けいおん!』をめぐって(4)

時計を見慣れた我々にとって、時間というものに循環性があることはすぐに了解されると思います。長針が一周することで一時間が経ち、短針が二周することで一日が経過します。あるいは太陽が昇っては沈むことで一日が経ち、一週間、一ヶ月と経っていって、春…

円形を見つめるあずにゃん――『けいおん!』をめぐって(3)

二期13話「残暑見舞い!」でも、梓は夢を見ます。 (二期13話の紹介ページ↓) www.tbs.co.jp 夏休み、三年生四人が勉強で忙しくしているなか、梓は暇を持て余していました。夏の熱に浮かされたように梓は憂や二人の同級生の純と遊びに出掛けた先でも居眠りを…

逆の物語としての「解散ごっこ」――『けいおん!』をめぐって(2)

『映画けいおん!』をめぐる議論のなかで(それはもちろんTVシリーズにも波及しますが)、重要だと思われることがらの一つとして「模倣」が挙げられました。 冒頭、前回言及した唯が目覚める場面のあと、シーンは三年生四人が音楽室で(彼女たちらしくもな…

細部の連関、写真と目覚めという契機――『けいおん!』をめぐって(1)

昨日、ドゥルガとしては初の勉強会を行いまして、いろいろと議論することができました。 扱ったのは『映画けいおん!』(2011)です。 映画 けいおん! (Blu-ray 初回限定版) 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2012/07/18 メディア: Blu-ray 購入: …

「最強」の条件――『グラップラー刃牙シリーズ』について

1 「最強の格闘技」とは何か、と問われて一体何を思い浮かべるでしょうか。恐らく各々様々な競技を思い浮かべるのでしょうし、格闘技を実際にやっているとなれば、いささかの自負と共に、自分やっている競技がそうだ、と答えるのかも知れません。 しかし、…

日常系のなかの人間関係

前回の担当者が書いた記事の追補あるいは応答としていろいろ書いてみたいと思います。(前回記事はこちら↓) durga1907.hatenablog.com お仕事アニメと呼ばれる作品はたくさんあります。日常系との関連で言えば、たとえば現在2期が放送中の『NEW GAME!』は…

秋文フリと日常系について

水曜日の定期更新を始めて九週目になります。 このブログはアニメ批評同人誌ドゥルガという零細サークルのweb版で、今回は私たちの本誌二号の話と日常系アニメについて書きます。 前回の『ドゥルガ』は製本をしていないフリーペーパーでしたが、今回はきちん…

『あの花』『ここさけ』脚本岡田麿里初監督決定

(C)PROJECT MAQUIA 「あの花」「ここさけ」脚本家の岡田麿里、初監督のアニメ映画が18年2月公開決定 : 映画ニュース - 映画.comより引用 ↓以前『ここさけ』に触れた記事 先日『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(以下『あの花』)と『とらドラ!』を…

観たいアニメタイトルを羅列する その一

もうすぐ夏休みですね。課題とテスト勉強で死にそうです。というわけで、夏休みに見たいアニメを妄想して、現実から逃げようと思います。 『観たいアニメタイトルを羅列する』……タイトルだけ見ると禁じ手のような気がしないでもないですね。その一としたのは…

『きららファンタジア』配信決定に寄せて

次号のドゥルガでは日常系と魔法少女について扱う予定なのですが、今年、日常系が魔法のほうへ歩み寄ったようなコンテンツが誕生するようです。 kirarafantasia.com すでにご存知の方も多いと思いますが、日常系まんがを中心に掲載した雑誌『まんがタイムき…

『月がきれい』には、無口キャラは存在できない。

【早期購入特典あり】月がきれいBlu-ray Disc BOX(2BD+特典CD)(初回生産限定版)(早期予約キャンペーン べにっぽ付~予約締切 2017年8月31日 23:59まで) 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2017/09/27 メディア: Blu-ray この商品を含むブ…

超歌舞伎『花街詞合鏡』

先日、Eテレ『にっぽんの芸能』で超歌舞伎『花街詞合鏡』が放送されていたので観てみました。これはニコニコ超会議2017において、中村獅童さん主演で上演された新作歌舞伎です。特色としては、舞台上にスクリーンを配置し、その中で、初音ミクや重音テトとい…

岸誠二監督アニメ

岸誠二監督のアニメをよく見ることが多い気がします。 今期の『月がきれい』も見てますし、『瀬戸の花嫁』『Angel Beats!』『Persona4』や『人類は衰退しました』『ダンガンロンパ』などなど。 いまは『瀬戸の花嫁』を見ていますが、コメディをきちんと描い…

成瀬つながりで 『乱れる』『心が叫びたがってるんだ。』

たまたま成瀬巳喜男監督の『乱れる』と長井龍雪監督の『心が叫びたがってるんだ。』を借りて見たら、『ここさけ』のヒロインが成瀬順だとは、知りませんでした。 乱れる [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2005/07/22 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: …

いろいろなアニメの序盤だけを見る

こんにちは。 ブログを書くのは人生で初めてなので少し緊張します。指が滑る。 先日友人二名と夜通しでTVアニメの序盤だけ(一話か二話まで)を観る会をやってみました。 当然作品ごとの深いところには入れないのですが、並べてみることで何かわかることが…

『十二国記』のアニメについて

huluで先日公開されたアニメ『十二国記』を見ました。 十二国記 Blu-ray BOX 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2015/11/26 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る いわゆる異世界もので、基本的なテン…

ブログ開設のお知らせ(定期更新は水曜日)

ドゥルガ(durga)はアニメ批評同人誌です。 現在の会員は4名です。毎週水曜日に交代制でこのブログは更新されます。 アニメ批評同人誌と銘打っていますが、漫画やライトノベル、イベントなど多岐にわたるメディアミックスが前提となっているのが現在のアニメ…