web版アニメ批評ドゥルガ

成瀬つながりで 『乱れる』『心が叫びたがってるんだ。』

たまたま成瀬巳喜男監督の『乱れる』長井龍雪監督の『心が叫びたがってるんだ。』を借りて見たら、『ここさけ』のヒロインが成瀬順だとは、知りませんでした。

 

 

乱れる [DVD]

乱れる [DVD]

 

 

 

 

『 心が叫びたがってるんだ』も『乱れる』も家庭に問題があり、本音を言えない人たちのお話で、どちらも単なるハッピーエンディングというわけではありません。男女の恋愛の結果という点でも案外似ているかもしれません。

 

『ここさけ』の成瀬順は無口キャラとカテゴライズされるのでしょうが、後天的な無口キャラというのはあまりいないのではないかと思います。

無口キャラといえば、例えば『エヴァ』の綾波レイや『涼宮ハルヒ』の長門有希が有名ですが、彼女たちは先天的に無口なのであって成瀬順の場合とは異なります。属性とは基本的に物語の端緒や中心事にはならず、それ一個で独立しているものである方が好まれます。なので実は成瀬順は厳密には無口キャラとは言わないのかもしれません。キャラクターと実存という点でみれば変わりゆく属性は実存的であり、その限りでそれは非属性と言える、とややこしいことを書きますが簡単にいえば、成瀬順は単なる無口キャラではないという事です。例えば『リトル・マーメイド』のアリエルが無口キャラとカテゴライズされないようにです。しかし、成瀬順のキャラデザはどう見ても無口キャラの典型的なものであり、無口キャラをすでにメタ的に捉えて物語に組み込んでいるのが面白いです。『森田さんは無口』なども同様にキャラの概念を前提に組まれているのだと思います。

 

この作品にもありましたが、最近のアニメはSNSを作中に登場させることも多く、その時の言葉と声優の演技の声の違いも考える対象になりそうですね。

 

成瀬巳喜男はここでは多く書きませんが、スピード感もあり、構図もよく、向き合わせるカットの多用や日本家屋の使い方、前景後景の動作などクオリティの高い日本映画でしたので是非。

(鯵)